• HOME
  • 石玉石材について
  • お墓の種類
  • お墓ができるまで
  • お墓の豆知識
  • よくあるご質問
無料相談はこちら
墓石展示場のご案内
墓地霊園のご紹介
墓石カタログ
多治見石材店ホーム > お墓参りの正しい方法

お墓参りの正しい方法

お墓参りの心得

お墓参りの心得 お墓とは、先祖や故人を安置し祀るところです。そして、亡くなられた人たちの菩提を弔い、供養するためにお墓参りをします。亡くなられた人のご冥福をお祈りすると共に、ご先祖様に感謝の意を表し、家族皆が安泰に生活していることを報告することにお墓参りの本当の意味があるのです。

お墓参りはいつ行っても問題ないのですが、通常はお盆やお彼岸、命日、法要、お正月や年の暮れ等がお墓参りの最も適当な時期と言えるで しょう。仏滅の日はお墓参りはしない方がいいなどとおっしゃる方がいますが、これは仏教の教えとは全く関わりない俗信にすぎません。

お盆やお彼岸の際にも、いつもの通りにお墓参りを行います。お盆の場合だけお墓で迎え火などの行事を実施するところもあり、地域によっては、塔婆や灯籠をお墓に立てるようなので、こちらついては慣例に従ってください。

お墓参りにおける必需品には、掃除用品とお参りに必要な物があります。掃除用品として、ほうき、たわし、雑巾、バケツ、ごみ袋等、お 墓専用の物を準備しましょう。次に、お墓参り用としてはお線香、ろうそく、花、お供え物、マッチ(もしくはライター)、半紙、水桶、ひしゃくなどが必要ですが、お寺や霊園、 石材店でお借りできる物もあります。ろうそくや花なども墓地の近くで購入することができますので、事前に確認しておきましょう。

お供え物については故人が生前に好きだった物や手料理、お菓子、季節の果物などで全く問題ありません。別にこれといって決まったものがあるわけではありません。故人のために思いを込めてお供えする、それが供養というものです。

お墓参りは次のような手順で行います。
墓地に到着したら、まず手洗いをし、清めます。それから桶に水を入れ、お墓に向かいます。お墓に着いたら、手を合わせて、礼拝をした後にお墓の掃除を始めましょう。お墓はご先祖様の住み家になりますから、常に綺麗にしておくことが供養の心得です。

掃除が終わったら次にお供えをします。果物やお菓子などは、紙を半分に折りお墓の上に置いてお供えをした後、必ず家に持ち帰るようにしましょう。お花については風で折れてしまって倒れないよう短くカットしてお供えします。花立は両側にあるのが理想ですが、一つの場合は向かって左側にお供えするようにします。
どうしても避けられない理由でお盆やお彼岸にお墓参りができない時は、前もってお参りを済ませておきましょう。日が経ってからよりも前もっての方が良いのです。そうすれば、ご先祖様を敬う気持ちや供養の心が伝わり、失礼に値することはありません。
 

お線香のあげ方

お線香のあげ方 お線香の本数については宗派によっても若干異なってきます。真言宗・天台宗はお線香を三本、曹洞宗・臨済宗などの禅宗はお線香を一本または二本、 浄土真宗はお線香1本を、それぞれ折って横に寝かせます。 ただし、特に定まっていない宗派もあります。もし正しいやり方でと言われる方は、菩提寺のお坊さんに聞いてみると良いでしょう。お墓参りでは通常、束のままもしくは半分に分けます。どちらにしろ供養する心が最も大事なので、あまり 形式ばかりに固執する必要はありません。
 

名号

名号とは、各宗派のご本尊様のお名前で、お墓の前で手を合わせて合掌する時に称えます。
各宗派の名号については以下の通りです。
  • 天台宗:「南無阿弥陀仏」(称名・念仏)
  • 真言宗:「南無大師遍照金剛」
  • 禅宗:(曹洞宗・臨済宗など):「南無釈迦牟尼仏」
  • 浄土宗・浄土真宗:「南無阿弥陀仏」(称名・念仏)
  • 日蓮宗:「南無妙法蓮華教」(題目)
浄土真宗以外は、「般若心経」をお墓の前で称えても問題ありません。正式な宗派ごとの墓前の読経については、菩提寺で尋ねてみられることをお勧めします。

お数珠

数珠の形や使い方も宗派によって若干違ってきます。一般的には数珠を左手に持ち、親指と人差し指の間に挟んで手を合わせて合掌します。宗派ごとの正式な使い方については、菩提寺に聞いてみると教えてくれます。

合掌の仕方

合掌の仕方 合掌とはインドからの仏教の美しい礼法です。実はこれには2通りの方法があります。
密教と言われる天台宗や真言宗以外の宗派においては、二つの手のひら(右が仏様、左が自分)の指と手のひらを隙間ないようピッタリと合わせます。これが最も一般的な方法と言われています。

密教では、十二合掌といい、二つの手の指を握りしめて交互にピッタリ組み合わせて合掌を行います。