• HOME
  • 石玉石材について
  • お墓の種類
  • お墓ができるまで
  • お墓の豆知識
  • よくあるご質問
無料相談はこちら
墓石展示場のご案内
墓地霊園のご紹介
墓石カタログ
多治見石材店ホーム > お墓の豆知識

お墓の豆知識

埋葬と墓地について

埋葬と墓地について お墓とは私たちの生活に密接なつながりがあり、なおかつ公共性があるので、国では幾つかのルールを定めています。(昭和23年「墓地、埋葬等に関する法律第48号」) こちらから私たちがお墓を作る際に、是非知って頂きたい事柄を抜粋してご説明していきます。

法律によれば「埋葬」とは、「死体(妊娠4ヵ月以上の死胎を含む)を土中に葬ることを言う。(第2条)」と定めています。また、死後の埋葬または火葬する際の時間についてですが、こちらについては「埋葬又は火葬は、他の法令に別段の定があるものを除く外、死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ、これを行ってはならない。但し、妊娠7ヵ月に満たない死産のときはこの限りではない。(第3条)」と定義されています。また法律によれば、「埋葬または焼骨の埋葬は、 墓地以外の区域にこれを行ってはならない。(第4条)」と定められていることも合わせて知っておきましょう。

つまり、自宅の庭に無断で勝手にお墓を作ったり、遺骨をお墓以外の所に埋葬することはできません。遺骨などを埋葬する際は、「埋葬、火葬または 改葬を行おうとする者は、厚生省令で定められたところにより、市町村長(特別区の区長も含む)の許可を受けなければならない。(第5条)」と定められています。

埋葬する場合には、市町村役場に届け出をし、こちらに対して市町村長が「埋葬許可証」もしくは「火葬許可証」というものを発行してくれます。(第8条)この時に、埋葬または火葬許可を受けられる方は、次の事項を記入した申請書を市町村役場に提出する必要があります。

 (1)死亡者の本籍、住所、氏名(死産の場合は、父母の本籍、住所、氏名)
 (2)死亡者の性別(死産の場合は、死児の性別)
 (3)死亡者の出生年月日(死産の場合は妊娠月数)
 (4)死因(法定伝染病、その他の別)
 (5)死亡年月日(死産の場合は、分べん年月日)
 (6)死亡場所(死産の場合は分べん場所)
 (7)埋葬または火葬場所
 (8)申請者の住所、氏名及び死亡者との続柄
 

墓石について

墓石について 墓地、埋葬に関する法律ではお墓を下記のように位置づけています。「墓地とは、墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可をうけた区域をいう。(第2条の5)」なので、誰にでも無断で墓地を作れたり、経営することができたりということはありません。また、お墓に遺骨を埋める際も、墓地を管理している者は第8条の規定にある通り、火葬許可証または埋葬許可証、改葬許可証が発行された後でなければ、埋葬または遺骨の埋葬ができません。

また墓地とは公共の施設ですので、これを利用する時は以下の行為を禁じています。(墓地、埋葬法律施行細目第8条)

 (1)ごみやその他の不潔物を捨てること。
 (2)鳥や獣その他の動物を捕まえたり、またはみだりに竹や木を伐採したりすること。
 (3)墓碑その他の建設物やお供え物などを汚すこと。
 (4)遺体・遺骨の取扱いが丁重でなく、死者に対して無礼な行為をすること。

また、墓石を改葬したり、移動させるために掘り起こす時も「法第5条第2項の許可を受けて墳墓を発掘する時は、環境衛生監視員または関係保吏員の臨検を受けなければならない。」(同法律施行細目第13条)と定められています。
 

お墓の継承について

お墓の継承について お墓の承継は一般の財産の相続とは少し区分されています。民法では、「系譜、祭具、墳墓の所有権は、慣習に従って祖先の祭祀を主宰する人が承継する。但し、被相続人が指定に従って、祖先の祭祀を主宰するべき人がいる時は、その人が承継する。慣習が明らかでない時は、前述の権利を承継する人は家庭裁判所が定めるところに従う。」(第897条)としています。通常ならお墓はその家族の長男が跡継ぎする場合が多いのですが、長男でなくてもその地域の習慣や家庭の事情などでお墓を承継する人が決まっている時には、その人が承継者となります。この法律で定めているのは、お墓の承継をする人は、責任を持ってお墓を管理しましょうということを述べているのだと思います。