• HOME
  • 石玉石材について
  • お墓の種類
  • お墓ができるまで
  • お墓の豆知識
  • よくあるご質問
無料相談はこちら
墓石展示場のご案内
墓地霊園のご紹介
墓石カタログ

石玉社員によるブログ

2017年10月28日 土曜日

石の産地 福建省

こんにちは!今日は一日雨でしたね。
台風も近づいていますが、何事も無く去って欲しいですね。

さて今日は中国の石の産地を紹介します。

近年墓石で使われる石の50パーセント以上は中国の石を利用しています。
というのも中国の石は日本の石と比べて安価で、量もたくさんあるので好んで使われます。

加工の技術も進んでいて、まさに中国無しでは日本のお墓は成り立ちません。

そんな中国の中で石の産地として有名な場所が福建省です。
福建省は山で囲まれた場所で、昔から花崗岩がたくさん採れる場所でした。

そのため福建省には石の建築物が多くあり、街を見ても石の産地を感じることが出来ます。

最初は原石のみの輸出でしたが次第に灯篭やピンコロなどを輸出するようになり、90年代には墓石や外柵を輸出するようになりました。
最盛期の頃と比べると福建省内の石材関連会社は減少しましたが、それでも現地に行ってみると多くの会社があり、田舎にある石材加工工場や採石場を見るとその規模に圧倒される程です。

まさに石屋にとっては聖地といえる場所なのです。

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年10月22日 日曜日

決戦の日

季節外れの台風typhoon襲来で天気は大荒れ...まではいっていませんが
最近はずっと雨で現場の作業もなかなか思うように進みませんcrying

今日10月22日は選挙の投票日ということで台風とともに行方が気になるところです。
ですが多治見ではもう一つ大きな節目の日でもあります。
そう、今日は市営霊園の抽選会があるのです。

先ほど早速抽選を終えられた方が来店されました。
5回目の抽選で10倍の区画に当選されたようでしたshine
永代供養ばかりが報道されますがこうしてお墓を建てたいと思われている方の方が
まだまだ圧倒的に多いことをきちんと取り上げてもらいたいものです。

最近は多治見でも洋風のお墓を建てられる方の割合が増えているように思います。
そして洋風のお墓を建てられる方は表面の彫刻にも気を使われる方が増えています。
字体を工夫したりイラストを追加したりpen
お墓づくりにより深く関わることで出来上がった時の感動も大きくなるのではないでしょうか。
不器用な私たちがあれこれ頭をひねりながら一緒に考えますので何でもお気軽にご相談ください。


石玉石材 営業K


投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年10月19日 木曜日

御影石でない石

みなさんお墓の石と言うと「御影石(みかげいし)」を想像する方が多いのではないでしょうか?
御影石とは別名「花崗岩(かこうがん)」と言いまして、学校で習うのはこちらの言葉なので、「花崗岩」の方がしっくりくる方もいるかもしれませんね。

しかしお墓に使われる石がすべて御影石かと言われるとそうではないのです。(実際弊社で使われる石のおそらく95%以上が御影石でしょうが)

では他にはどんな石が使われるのでしょうか......?




じゃーん!この石です!!と言われてもわからないですよね笑
分かる人はよっぽど石が好きな方でしょうか?笑

これは「安山岩(あんざんがん)」と言われる石なのです。
安山岩と御影石だと何が違うの?といいますと、簡単に言いますと石のでき方が違います。

中学校の理科の授業の復習になりますが、

御影石(花崗岩)は地下深くでゆっくり冷え固まって出来たいわゆる深成岩
安山岩は地表近くで急速に冷え固まった火山岩
になります。

その他鉱石の含有率など異なる点がありますが、どちらもお墓のようにずっと日光や雨風を浴びても問題ない丈夫な石です。

安山岩の特徴をいいますと、
御影石と比べて落ち着いた見た目で、時間の経過とともに石の感じに変化が生じやすいです。
その変化を好まれて安山岩の石種を選ぶ方も大勢いらっしゃいます。
花崗岩と比べて軟らかいのも特徴の一つです。

安山岩だと関東の方で採れる「小松石」は有名で、庵治石とならんで高級な石として知られています。
関東ではよく使われており、落ち着いた見た目で重みが感じられてお墓にぴったりな石と言う印象です。

「お墓は御影石!」と言うのは本当は「お墓は御影石!......とは限らない!」というのが正しいのですね。
実際、御影石(花崗岩)と安山岩を見て比べてみると案外違いが分かるものです。

もし興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひ弊社までいらして見比べてみてくださいね。

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年10月17日 火曜日

梅雨ですか?

今は梅雨ですか?というくらい雨が続いていますね。

こちらとしても現場仕事が順調に進まないのでとても頭が痛いです。
明日は久しぶりに天気が回復するようで、やっと雨が止む!!!

と思ったらあさってからまた天気が悪くなるようです。
季節はずれの台風も来ているということで、なかなか落ち着いてくれません。。

ただ雨が降っているから何も出来ないではいけませんので、晴れた時にスムーズに仕事が出来るように準備を進めていかなければいけません。
やりたい作業が出来ない時に何をするのか、そういう時の過ごし方が大事なのでしょうね。

限りある時間なので無駄にせず励んでいく必要がありますね!

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年10月15日 日曜日

珍しい名字

こんにちは!今日は一日すっきりしない天気ですね。
明日も天気が悪いということで、工事のことを考えると今日一気に降って欲しかったなーと言うのが本音です笑

しかし、今日せっかくの休日の方もいらっしゃいますし、自分の都合だけで考えるのはよくないですね。

さて、私たちのようにお客様と接する仕事をしていますと、変わった名字や聞いたことが無い名字に出くわすことが多々あります。
そういったお客さまの家紋を見ても、やはり見たことが無い家紋という場合が多いです。

本日来店されたお客様も珍しい名字で、出身は九州ということですが、やはり家紋も見覚えがありません。
しかし九州の一部にはその名字が固まっている地域があるということです。

気になった私はネットで「名字由来Net」なるサイトを用いてその名字を調べてみました。

するとお客様が言うとおり、全国的にも佐賀県にその名字が多いとの事でした。

お墓の仕事をしているとお客様のルーツを知ることができ、それがまた思いもよらない場所が元であることがあります。

名字や家紋を通して普段あまり自分が意識しないルーツをたどってみるのはいかがでしょうか?
元をたどってその地を訪れるとひょっとしたら、自分と同じ名字の人ばかりかもしれませんねhappy01

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年10月14日 土曜日

お墓のちょっとしたこだわり

こんにちは。これからしばらく天気が悪そうですね。
気温も上がったり、下がったりで、体調管理には気をつけてくださいね。

今日はお墓のちょっとしたこだわりを紹介します。
最近一般的なお墓を建てるだけでなく、こだわりを持ったお墓を建てる方が増えています。

こだわりを持ったお墓を建てる場合、お墓そのものの形をアレンジしたり、彫る内容を変えたりなどいくつかこだわれる点はあります。
それとは別にお墓にちょっとした小物を置くのも1つのこだわりでもあります。

お客様が大切にしてきたものや、好きなもの、亡き人を見守って欲しいものなど、そういったものがお墓の横にあると一段とお墓が特別に感じられます。

お墓を建てる場合にそうした小物も考えてはいかがでしょうか?


   

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年10月 4日 水曜日

家族でお墓の事考えてみませんか?

10月に入り一層季節が進んだように感じます。
今朝起きた時もしっかりと布団がかかったままでした。
いよいよ本格的な秋ですねmaple

さて、前回もご案内させて頂いたBS日テレの
『家族とお墓のものがたり』第三弾が
11月4日夕方4時から放送されます。
今回は11月22日のいい夫婦の日を前に
夫婦でお墓の事を考える内容になっているようです。
是非ご覧くださいtv

お墓が既にある方も、これからお墓を建てる方も
さらには墓じまいをご検討中の方も
改めてお墓の事を考えるいい時間になるのではないでしょうかpaper

石玉石材 営業K



投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)