• HOME
  • 石玉石材について
  • お墓の種類
  • お墓ができるまで
  • お墓の豆知識
  • よくあるご質問
無料相談はこちら
墓石展示場のご案内
墓地霊園のご紹介
墓石カタログ

石玉社員によるブログ

2017年3月31日 金曜日

お墓の修理依頼

最近はお墓の修理を依頼される方が多くいらっしゃいます。
彼岸後ということもあり、お墓参りをしたときに気になる点があって依頼に来られる方が多いようです。

お墓も建ててから年数が経つとどうしてもどこかが悪くなってしまいます。
石碑のズレ、字が読めない、汚れがひどいなどさまざまです。

もし気になることがありましたら、お気軽に相談くださいね。

 

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年3月28日 火曜日

多治見の名工さん

今日も多治見で活躍された方のお墓を紹介したいと思います。

こちらは多治見の池田町でいわゆる宮大工として活躍された野村作十郎さんのお墓です。

野村作十郎さんは江戸末期から明治初期にかけて各地の寺院や神社の建築や彫刻を手がけ、その技量や人格が高く評価された方です。
多治見市内では永保寺、永泉寺、新羅神社などの彫刻に携わり、市内でも作十郎さんの作品を多く見ることができます。

お墓は池田の墓地の中にあり、子孫の方々に手厚く祀られていました。


投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年3月27日 月曜日

とっくんのお墓参り

今回は東濃地方にゆかりのある方のお墓を紹介したいと思います。
こちらは土岐市下石町の陶祖である加藤庄三郎さんのお墓です。

加藤庄三郎さんは約400年前に土岐市の定林寺より下石に移り、登り窯を開いたそうです。
庄三郎さんの子ども3人も窯業に従事して、それがまた広がって下石は窯業の一大産地に発展したそうです。

下の写真を見てみてください。とっくんもしっかり庄三郎さんに手を合わせていますね。

        

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年3月21日 火曜日

多治見高校野球部が甲子園に!

昨日は多治見中の方がテレビに釘付けだったのではないでしょうか?

とういうのも多治見高校がこの春、甲子園初出場を決め、昨日その試合がありました。
バスだけでも90台多治見市とその周辺から応援に駆けつけたようです。

写真を見てください、一面の紫色!
全て多治見高校の応援に駆けつけた方々です。

私も社長の代理で応援に行かせて頂きました。

やはり地元の高校が出場となると応援にも力が入ります。ヒットが出れば大盛り上がり、逆にヒットを打たれると大きなため息。。

試合は多治見高校にとってはかなり厳しい結果でしたが、こうして地元の高校が大舞台で活躍し、市を挙げて盛り上がれたことは本当に素晴らしいことと感じました。

部員のみなさんはまだ夏にリベンジするチャンスがあるのでぜひ頑張ってほしいですね。

多治見高校のみなさんお疲れ様でした!そして感動をありがとうございました!

 

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年3月17日 金曜日

景色の素晴らしい霊園

皆さん、多治見市で景色の素晴らしい霊園というとどこを思い浮かべますか?
私は真っ先に市営霊園である平和霊園を思い浮かべます。

というのも平和霊園は多治見市の中でも比較的高い場所にあり、特に北東の方角は非常に遠くまで見渡すことができます。

そして冬場から春先にかけては雪を被った御嶽山や木曽山脈の姿を見ることができます。

特に冬場は空気が澄んでいることもあってその姿がはっきりと現れ、霊園に来ても寒さを忘れて見とれてしまうほどです。

ただこれから暖かくなり、雪も溶けてくるので雪山を見れる時間はそんなに長くはないでしょう。お彼岸でお墓参りに行くついで、散歩で平和霊園を歩くついでに意識して雪山を見てみてはいかがでしょうか?

これからお墓参りにプラスアルファで別の楽しみを持てるような情報を提供できたらいいなと思います!

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年3月15日 水曜日

お墓参りはお済みですか??

そろそろ春彼岸が近づいてきました。
彼岸はご先祖さまに感謝をする、昔から日本人が大切にしてきた行事のひとつです。

普段忙しくてなかなかお墓参りに行けてない方も、お彼岸にはぜひ時間を作ってお墓参りに行ってくださいね。

最近あったことをご先祖様に報告してあげてくださいね。ご先祖様もきっと喜んでくださるでしょうhappy01

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年3月 7日 火曜日

東濃地方にも不思議な石がありました。

これはどこの石だかわかりますか?
と言ってもわかる人は少ないと思いますsmile

これはお隣土岐市妻木町にある妻木城の岩です。
お城にある岩だし、きれいに積み重なっているのでお城の石垣だと思う方が多いのではないでしょうか?

じつはこれは人為的に積み上げたものではなく、自然にできた形なのです。
大昔にマグマが冷え固まって石になるときに収縮してこういった割れ目ができたそうです。

こういった割れ目を「節理」といい、大きい岩ではひとつが6mもあります。

妻木城へは険しい山道を登って行かなければならないですが、曲輪から見る土岐市の風景、歴史を感じさせる遺構は一見の価値ありです

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年3月 5日 日曜日

お墓参りする方が増え始めたようです

今日は達磨霊園で納骨のお手伝いをさせていただきました。
私どもが着いたときにはすでに何台か車が停まっており、

「しまった。お客様より遅くなってしまった。」

と思いましたが、全てお墓参りの方の車でした。
もうすぐお彼岸ということでお墓参りにみえる方が徐々に増えているようです。

お墓を扱う者としてちょっとうれしい瞬間でしたconfident

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)

2017年3月 1日 水曜日

土岐市下石町にて

今日は土岐市下石町清水地区の墓地を見に行ってきました。
ここも同じ苗字が集まる共同墓地です。

ほとんどのお墓の苗字が「林家」で、下石は林さんが多い印象なのでイメージどおりといった感じでした!

そして近くに他の共同墓地がいくつかあったのでそこの墓地もついでに見に行くことに...
すると同じ清水地区なのにある共同墓地は全てが「加藤家」。もうひとつの共同墓地は「安藤家」、そしてもうひとつ別の共同墓地は「林家」...

こんなに近くにたくさん共同墓地があることも珍しいですが、それぞれの共同墓地に集まっている苗字が異なることもまた珍しいことです。

地域によって墓地も特徴が異なるのでおもしろいですねconfident

投稿者 有限会社石玉石材 | 記事URL | コメント(0)