• HOME
  • 石玉石材について
  • お墓の種類
  • お墓ができるまで
  • お墓の豆知識
  • よくあるご質問
無料相談はこちら
墓石展示場のご案内
墓地霊園のご紹介
墓石カタログ

石玉社員によるブログ

2019年3月31日 日曜日

新元号の発表を前に

こんにちは。

今日は3月31日です。本年度も今日で最終日。明日から新年度の始まりです。
なんと言っても明日4月1日には新しい元号が発表されます。

私が生まれたのは平成3年です。生まれてから今まで平成という時代しか知りません。
したがって元号が変わるというのは始めてのことですので内心ワクワクしています。

今回に関して言うと、天皇陛下もご健在で、ある種お祝い事として行われる改元ですので、そのような歴史的な経験をできることも非常に貴重なことかもしれませんね。


話は変わりますが本日は私の自宅近くにある北野神社に参拝に行きました。
ちょうど境内が裏の1本外れた道路への近道になっていますので、そこを通るついでにお参りをしました。



↑北野神社本殿

北野神社は学問の神様である菅原道真公を祀っておりますが、境内左横にはお稲荷様も祀っています。
(その他、諏訪神社や神明社、八幡宮も祀っています)






その名も「大畑稲荷(おおばたいなり)」
大畑町で商売をしている弊社としてはしっかりとお参りしないといけませんね笑


そしてこのお稲荷様の横には灯篭が1対立っていますが、実はこれは以前私の祖母が奉納した灯篭です。



よく見ると灯篭の横には御大典記念(ごだいてんきねん)と刻んであります。

「御大典」の意味が分からなかったので調べてみると天皇の即位の礼・大嘗祭と一連の儀式のことを言うとわかりました。

約30年前に私の祖母が新しい天皇が即位されたのをお祝いして奉納したのがこの灯篭ということになります。
ちょうど新しい元号が発表される前日にその事実を知ることになったのも不思議な感じがしますね。


平成2年1月23日から即位の儀式が始まったとのことですが、そのときは新しい天皇の即位で日本中がお祝いムードだったのでしょうね。
私の祖母も灯篭を奉納したのはそれだけ大きな出来事だったからだと思われます。


歴史的な日が近づいていると再び実感した一日になりました!



裏面には「平成二年十一月吉日 水野きみゑ之建」と刻んであります。

投稿者 有限会社石玉石材 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: